イタリア旅行・4日目(5) ピッコロミーニ図書館

ピッコロミーニ図書館ってナメック星にありそうだよね

ホント、こと教会に関しては手のかけ方が日本では考えられないほど凄いですよね。

この祭壇?らしきとこにもたくさんの彫刻が。

彫刻だけじゃなくて、ちゃんと描かれた宗教画もございます。

当時はこういうのを描かせるために芸術家を探して雇ったりしてたんでしょうね。

この像よりも隣の壁の白黒を見てほしいのですが、すごくハッキリしてます。

昨日のオルビエートは黒が若干くすんでたような感じもしたけど、気のせいかな。

イタリア旅行記。シエナ。ピッコロミーニ図書館。

ピッコロミーニ図書館

大聖堂の中にはピッコロミーニ図書館という部分があり、そこの壁画を激写。

この空間だけは壁画でギッチリなのです。

見よ!この限界まで描いたギッチギチの壁画を!

これが図書館だなんて!

落ち着かないことこの上ないね!

この壁画を見てる間、壁画の説明もしてもらってたのですが、惜しむらくはわたしの脳みそメモリーが旧式のため、皆様へお伝えすることは叶いません。

君も自分の目で確かめるのだよ!

絵と絵のあいだにあるモールみたいな部分にすらこの細かさ。

断言しよう。

確実に作者はどこかに自分だけが分かるイタズラを入れているということを!(<想像です)

再び大聖堂に戻って、今度は奥側から入口側に向かって撮影。

入口上部の丸いステンドグラス部分が非常にいいアクセントになっていますね。

ステンドグラスをアップで撮ってみる。

よーく見ると分かるけど、コレ「最後の晩餐」が描かれているのです。

最後の晩餐が描かれたのは1498年らしいですから、1200~1300年ごろにはすでにこの大聖堂はあったと思われることから、後付ですな。

ドームの天井部分です。ふつくしい。

我ながら構図が甘いというか、ちゃんとドーム天井の周辺に配置されてる像を全部入れられれば良かったのに。

構図なんか気にして撮影してないけども。

ホームページに掲載することを考えればもっといい写真が撮れるようになりたいと思わなくもないですが、カメラもショボいしなぁ。

カメラのせいするなんて10年早いぜ?

まぁ、少しでもドゥオーモの中の雰囲気が伝わればよいよ。

基本的にウチのHPのウリは文章の方だから。

文章の方こそ駄文という話もありますが、まぁまぁ、そんなに怒らずに?

この素敵な祭壇?みたいのを見て?心を落ち着けて下さいよ?(ムカつく言い回し)

さて、建物内部見学も終わって外へ。

建物の裏手というか横の方ですが、非常に中途半端になってる部分を見ることができます。

ここは建造途中で工事がストップしたため、未完成となった場所だそうですぜ。

スポンサーリンク
アドセンス広告PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告PC