イタリア旅行・4日目(8) サンジミニャーノ

世界遺産観光が終わったといつから錯覚していた……?

例によってこのあとはまたまたバス移動。

午後はサンジミニャーノへ移動します。

またまた世界遺産の都市だぜ!

あっという間にサンジミニャーノへ。

シエナからは50kmくらいしかないそうで、移動もそんなに時間がかかりませんでした。

さっそくバスを降りて移動開始。いざ街中へレッツゴー!

建物の上部に通りの名前などが書かれたプレートが埋め込まれています。

それを頼りに確認するそうですが、位置は高いし文字小さいし、見づらくない?

世界遺産都市は美人も世界遺産級

イタリア旅行記。サンジミニャーノの美人。

サンジミニャーノの美人

サンジミニャーノの街中へ向かう途中にあったお店(何かはわからない)の入口と店員さんらしき人。

門構えの立派さ。

奥に続く雰囲気の良さ。

そして何より入口を守護する美人!

ォォォォォオオオオオオ!

美人サイコーーーー!!!(<?)

もうこの美人はよく訓練された美人でございましてね?カメラを向ければ、ビダルサスーンもビックリの大人な笑顔で撮影を許可してくれるわけですよ!一切確認を取ってないけど!わかるやん?そういうのアイコンタクトでわかるやん!?

正直ド真ん中ストライクの超好みな美人さんだったわけで、隣に余裕で嫁が歩いていましたけど、一瞬その存在を忘れるほd……ゲフン!ゲフン!いや、嘘だよ!?

俺がお前のことを一瞬でも忘れたことがあっただろうか!?

いやない!(反語)

さっきのはウソだよ?彼女はウソを愛しすぎている!(混乱)

まぁ、凄い美人さんがいたって話なんですが、俺の手がマジで震えていたせいで上手に撮れた写真が1枚もなくてですね。

俺のイタリアにおける後悔のトップ3に、ここでの写真撮影をミスったことが入ってる!(ドヤ顔)

俺の突然のテンションアップサンジミニャーノという世界遺産の街に来たせいだと嫁に向かってごまかしつつ、次に見かけたお店の入口をパシャリ。

そりゃーいきなり隣歩いてる旦那が「フォォォオオオ!」とか言い出したら正気を疑うよな。

徐々に街の中心部に近づいてきました。

世界遺産の雰囲気は十分だ!

さっき世界遺産級の美人も見たがね!(<しつこい)

はりつめた弓の ふるえる弦よ

な、なぜこんなところにおっことぬし様が!?(もののけ姫)

いきなりイノシシの頭があったのでつい。

おっことぬし様で通じるでしょうか。

え?ダメ?

なってないな最近の若者は。

たたりがみだったら通じる?

スポンサーリンク
アドセンス広告PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告PC