イタリア旅行・6日目(2) ベネチア上陸

ヴェネツィアに向けて出港

ベネチアに向かう航海の途中すれ違った大きな船。

なんというロマン溢れる光景!

まさにロマンスドーン!

こんな光景を見たゴム人間が「海賊王に俺はなる!」とか言ったとしてもそれは仕方のないことでしょう!

徐々に見えてくるヴェネツィアの風景!

なんて感動的なのでしょうか!

ウチの嫁が最初イタリア行きたいなんて言ったときには、「あー、イタリアね、確か千葉でベネチアに似た風景を見たような」とか適当に返していたら殴られたのもいい思い出です。

節子それディズニーシーや。

俺氏、ついにベネチア上陸

ついにヴェネツィア上陸!

フハハハハハハ!

見よ、この晴れ渡る青空を!

一点の曇りのない大空を!

雨期のイタリアにおいて5日連続で好天を引き続ける剛運!

まさに神業!神の所業!

俺が天候を操る神として崇められても何の不思議もない!

晴れ男とかってレベルじゃない!

何がいいって天気がいい!とは良く言ったもんですね!

イタリア旅行記。世界遺産ベネチア。

世界遺産ベネチア

上陸の感動に打ち震えながら移動開始です。

ォォォオオオオ!

ディズニーシーで見たような光景があるー!

こ、これが本物なんですねー!?

昨日までの世界遺産の都市とは、またちょっと違う趣がありますよね。

建物一つとっても非常に興味深い!

ていうかイタリアは街全体が世界遺産なところ多すぎない?

どこにでもあるオブジェ!

しかしここに「ヴェネツィアの」と冠が付くことで格が上がる気がしますよね!

具体的に言うとただのマグロとか言われるよりも、大間のマグロとか言われたら平伏したくなる感じ?

大丈夫?

伝わってる?(オブジェ関係ない)

この建物の色の感じとかファサードの意匠とかマジでディズニーだわー(<違います)

伝えようとすればするほど、拙い語彙力と人生における行動範囲の狭さが露見するという悲劇。

涙は心の汗だから!(<?)

とりあえず雰囲気を楽しみながら歩くとしましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告PC