イタリア旅行・6日目(7) ゴンドラ遊覧

ゴンドラ遊覧はディズニーにもあるよね

店から出て次の目的地へ。

お次はお待ちかねゴンドラ遊覧です。

街中にはこのように水路が通っておりまして、そこを船で回るのです。

まるでディズニーシーですよね!(<しつこい)

歩いてる最中に先客を発見。

このようにゴンドラに乗って船頭さんが漕いで街中の水路を進んでいくのです。

景色といえば上からが好きですが、下から見るというのも面白いかもしれませんね!

やべー!楽しみ!

いい感じに夕暮れ時になってきましたが、その時間すらもツアーの狙いだとか。

ゴンドラ乗り場までやってきましたぜ!

コイツがわたしの乗るドンドラ。

そして漕いでくれるのは強面の船頭さん。

険しい顔してるから怖いのかと思ったら意外といい人だったんだぜ?

ベネチアの夕日が目に染みるぜ

( ゚Д゚)夕日やべぇ!

……なんということでしょう!

なんということでしょう!(劇的ビフォーアフター)

幻想的な海に浮かぶ船と世界をやさしく包み込む夕日。

なんというロマンチック。

CCBがあれだけロマンティックが止められないと言っていた理由が今分かりました。(<?)

しかしこんなにキュンときたのは何時ぶりか。

好きな女の子と一緒に来たら確実にイチコロだな!これだけの好条件がそろえば落とせない女などこの世にいない!男子ですらキュン死しそうになってるからね!男子っていうかオッサンだけども!

海の向こうにまで続くヴェネツィアの景色。

徐々に夕日に染められていくその姿は美しいの一言ですよ。

イタリア旅行記。ベネチアのゴンドラ遊覧。

ベネチアのゴンドラ遊覧

まだまだ続くナウ・ロマンティック!

このゴンドラ遊覧は乗り場が海側にあるため、街中の水路に入っていく前に一度海をぐるっと大きく回るのです。

その際に海側から夕日と共にヴェネツィアの街並みを見ることができるという素敵仕様なのです。

ゴンドラ遊覧は海だけだといつから思っていた?

さぁ、いよいよ街中の水路へ突入です。

目の前にあるのはドゥカーレ宮殿。

……はっ!?まさかドゥカーレ宮殿の隣の水路から入っていくのではあるまいな!?

せ、船長!

このコースはもしかしなくても間違いなくあそこを通りますぜ!?

( ゚Д゚)たーめーいーきーブリッジ!

ままま、まさか!

先ほど見ていた『ためいき橋』を下から通過するという味なマネを!

ウチの船頭さんはやりやがるッ……!(ツアー客みんな通ってました)

そう、普段は横からしか見えないこの橋を、ゴンドラ遊覧というアトラクション(<?)に乗ることで下からも見てしまおうという大胆な発想!まさに奇策!その発想はなかった!

正直脱帽だよ!帽子かぶってないけど!

スポンサーリンク
アドセンス広告PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告PC