イタリア旅行・7日目(6) ヴェローナのコロッセオ

まだまだ見所満載なヴェローナ

大昔からありそうな井戸。

しかしどう考えても邪魔な位置にありますね。

道のど真ん中だぜ?

日本なら100%井戸を潰して道路にしてしまうところですが、イタリア人はちゃんと井戸を守っているから凄いです。

もうすぐクリスマスだもの。ツリーの準備だってはじまっておりますよ。

後に見えるお城のような建物と合わさってディズニーランドみたいだけど、ただの街中ですからね。ヴェローナはオシャレな街なのだ。

開店準備中のオープンカフェ。

もうちょい時間が遅ければなぁ。

休憩時間中にここでお茶することも出来たのになぁ。

わたしに学がないためにコレが何の広告なのか分かりませんでしたが、きっとこの街で何かあるぜ?(<ものすごいアバウトな情報)

先ほどの広場で休憩も終わりまして、これから街中をぐるっと歩いて回りながらバスへ帰ります。

え?ヴェローナもう終わりなの?

つーかちゃんと観光したのはジュリエットの家だけじゃん!

そんな馬鹿な!

歩きながら写真を撮ると、路地とか門とかそういうのばかりになってしまうのは、わたしが無意識のうちに路地や門を愛しているからなのでしょうか。

路地フェチは居そうですが、門フェチはいるのだろうか。

世界遺産都市ヴェローナにてコロッセオ再び!

イタリア旅行記。ヴェローナのコロッセオ。

ヴェローナのコロッセオ

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!

( ゚Д゚) コロッセオだ!

凄ぇぜ!なんか超キレイなコロッセオなんですけど!ローマにあったやつよりは小さいけどね!なんかこう形がしっかりしとる!

添乗員さんの話によれば、ここは毎年大きなオペラが開かれる有名な会場らしく、日本のテレビなどでもよく特集されるのだとか。

会場となるコロッセオも現存するコロッセオの中では一番状態が良いものらしく、非常に貴重なものだそうです。

古代の円形闘技場が今ではオペラの会場か。でももしかしたら古代からそういう使われ方もしていたのかもしれませんよね。

なんか小さく感じるコロッセオですが、間近で見れば十分に大きいのです。

そしてコロッセオは、やはり男心をくすぐるといいますか、ワクワクするぜ!

男子中学生あたりにコロッセオという単語を与えれば、それだけで1日妄想してられるくらいの代物なんだぜ?

スポンサーリンク
アドセンス広告PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告PC