イタリア 旅行記

オシャレなホテルにチェックイン!

スポンサードリンク

 

ローマのホテル

 

ようやく空港から出たら、あいにくの空模様。小雨が降っていました。

 

ちなみに空港はファウミチーノ空港で、午後3時前くらいの到着でした。時差ボケでよくわかりませんでしたが。

 

わたしがこのツアーに行ったのは11月の下旬から12月の上旬にかけてなのですが、イタリアのこの時期は雨季真っ只中です。1年でもっとも雨が多い季節であるとともに、気温もこの辺りからぐっと下がってくるとのこと。

 

天気が悪いのはある程度予想してましたが、晴れろとまでは言わないが、せめて雨止んでくれないかなーと。

 

淡い期待も虚しく雨でしたので、とりあえずアルマーニの看板に「明日からの晴れ祈願」をしておきましたよ。

 

ローマのホテル

 

ホテル到着でございます!

 

もう夕方だぜ!でも微妙に明るいぜ!そして雨も上がって、とりあえず良かった!

 

この写真はホテル近くから撮ったものですが、ホテルはこの交差点から1つ左奥の建物なのです。

 

何故に正面から撮らなかったし。

 

ホテルの名前は「ベスト ウェスタン プレジデント」(Best Western PresiDent)
公式HPでは日本語でホテル予約もできます。

 

ここがイタリア旅行における最初の宿泊先となるのですが、エントランスやエレベーターはちょっと雰囲気ある感じで、綺麗なホテルだったのでなかなか良さそうです。

 

旅行日程によれば、ローマの滞在は今日を入れて3日なので、3泊することになります。

 

ローマのホテル

 

無事チェックインをすませ、早速客室へ。

 

長かった飛行機から開放されて、ようやく一息つけました。

 

とりあえず恒例の客室写真をどうぞ!

 

まずはその1。

 

ローマのホテル

 

別角度からもう一枚。

 

ベッドにテレビにデスク。なんか思ったよりも普通のホテルですな。

 

添乗員さんの説明によれば、イタリアは歴史有る街並みを保存するために、建物を壊して新しく作ったりせずに、内装だけ作り変えて、建物は残すということをやっているため、設備も建物に合わせる必要があって、部屋を広くしたりとか色々難しいらしいです。

 

まぁ、新婚旅行と言ってもリゾートじゃないんでね。部屋についてはまぁこんなもんかと。

 

雰囲気を求めるならば、もっと高いツアーか個人で予約していくしかないですね。

 

ローマのホテル

 

個人的に一番気になる水回り。お風呂と洗面ですね。

 

バスタブありでゆっくりできそうですが、お湯を張ったりしないでどうせシャワーだろうなと。

 

ローマのホテル

 

そして便器とビデ。ちなみにこれが人生で初ビデ。はじめて見たわ。

 

詳しい説明を誰もしてくれないから、結局コイツも使い方が謎のまま。

 

外人が日本のトイレで便座が温かかったり、水が出てきたりしてビビるのと同じなんでしょうか。

 

ちなみにその後調べたのですが、このビデは主に、女性器を清潔に保つために利用されるものらしいです。
また大をした後にウォシュレットとして使われたり、足を洗うために使う人もいるそうですよ。

 

使い方は、通常の洋式便器を利用するときとは反対向きで、便器にまたがるか、便器が清潔であれば直接座るらしいです。
蛇口がひとつなら「水」か「ぬるま湯」、ふたつなら「水」と「お湯」がそれぞれ出るので、ビデの中に溜めるか、流しっぱなしにして手で洗うらしいです。

 

そんなの事前に調べてから行けよ、といわれても仕方ないとは思うが、ワシは男じゃけん。

 

ビデとかいらんのや!ノービデ!

 

これを発見したとき、使い方が不明すぎて、もう全裸で大をして、そのままシャワーでよくね?って嫁に言ったら「よくない!」ってキレられたのでみなさんそれはやめましょう(嫁の意見が絶対)

 

ローマのホテル

 

洗面もちゃんと撮ってみました。

 

若干アメニティグッズもあるね。

 

だが男には関係ないのだよ!(<しつこい)

 

ローマのホテル

 

そしてシャワーの水滴飛ぶのを防止する用なんでしょうが、バスタブの横にガラスの板がありました。

 

これで水滴が洗面のほうにいかないようにするみたいですが、なんて中途半端なサイズなんだ。

 

これがまた使い方謎なガラスでして、どうやれば正解なのか結局今でもわかりません。

 

なんかグラグラ動くんだもの。せめて固定できるようにしといてくれ。

 

とりあえずイタリア人はオシャレっぽければ細かいことは良さそうというのが分かりました。わたし日本人なんで細かいとこ気になります。

 


スポンサードリンク

 

前へイタリア旅行記TOP次へ