イタリア 旅行記

ミラノのドゥオーモ見学

スポンサードリンク

 

ミラノのドゥオーモ

 

 

( ゚Д゚)ドゥオーモやべー!!

 

 

なんかロミオの青い空で見たような気がする!完全に気のせいだったらゴメンよ!はじめて出会ったのに「前にどっかで会ったことある?」みたいなイケメン風の台詞を吐いてゴメンよ!ブサイクでスマン!(<?)

 

もう俺がブスなのはいいじゃないですかー!そういう話じゃないじゃないですかー!(<そんな話してない)

 

とにかく!

 

コレがミラノのドゥオーモなんですね!

 

なんて威厳のある風格!荘厳なる佇まい!溢れ出る品性!湧き上がる衝動!抑えきれない気持ち!初めての告白!保留になる返答!眠れない夜!決戦の朝!告げられる悲報!砕け散る純情!崩れ落ちる膝!遠くなる世界!知らない天井!何も言えなくて夏!(※途中から自分でも何を書いているのかわかりません)

 

 

ミラノのドゥオーモ

 

告白はしたんだから、何も言えなくてってことはなくね?というマジレスは入りません。ムダ話なんかしてないで中に入りますよ?

 

中に入るとこれがまた立派な大聖堂でございます。今まで見てきた色んなドゥオーモともまたちょっと違う感じです。

 

 

ミラノのドゥオーモ

 

非常に特徴的だと感じたのはこのステンドガラス。

 

先ほどの写真でも見ることができますが、このように大きなものがいくつもあるのです。ステンドグラスが使われている大聖堂は他にもありましたが、こんなにたくさん、かつ大きなものはなかったと思います。

 

わたしの写真のアングルや撮り方でいまいち伝わらないかもしれませんが、凄く大きいんですぜ?

 

 

ミラノのドゥオーモ

 

中にあったレリーフというか彫刻です。こちらも非常に立派でございます。

 

やっぱこの大聖堂にあるものは基本的にサイズ感がデカイ気がするな。なんだろう。ただ大きいものを置いているのではなくて、大作感があるというか。単にデカイ彫刻作ってるだけじゃないというか。

 

 

ミラノのドゥオーモ

 

まぁ、中にあるものをどう感じるかは個人によると思いますので、あくまでもわたしの意見ということで。

 

この写真のギリギリ上の部分に見える、天窓のような部分にもステンドグラスが使われていましたね。

 

 

ミラノのドゥオーモ

 

今までのドゥオーモ見学とは違って、やけにアッサリと終わりました。時間の都合でしょうか。

 

まぁ、ミラノの少ない自由時間を少しでも長くしようということなのかもしれません。

 

ということでこれからミラノで自由行動だ!

 

ブランド店がひしめくこの街で好きに買い物でもしてこいってことでしょう!

 

 

ミラノのドゥオーモ

 

見学が終わって外に出れば、若干薄暗くなるような時間でございました。

 

ドゥオーモが少しライトアップが始まっております。もう少しすればあたりは真っ暗ですからね。きっと綺麗な姿を拝めることでしょう。


スポンサードリンク

 

前へイタリア旅行記TOP次へ